Ash

MENU
トップイメージ トップイメージ

BLOG

STAFF

アナログの良さ

2021.10.14
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

先日久しぶりに、TSUTAYAに行ってDVDを借りました。

最近はNet flixやAmazon プライムなど
ネットですぐ映画やドラマが観られる時代になりましたし、
自分もネットでばかり観ていたのですが
レンタルショップでパッケージを見ながら
ふらつく時間が好きだったなと思い、立ち寄ってみました。

実家がとても田舎だったので家族で
レンタルショップまで30分くらいかけて行って
各々好きなものを借りに行ったりとか
ドラマを1話から最終話まで
ケースから抜き取るのわくわくしたなとか懐かしさがあります。

やっぱりパッケージを見ながら店内を歩くのって楽しくて、
久々に行ったら長時間居座ってしまいました。

今回は「哀愁しんでれら」という作品を借りました!
公開当初から気になっていた作品ではあったのですが
やっぱりパッケージに惹かれました。

あらすじーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
立て続けの不幸に見舞われ、一晩ですべてを失ってしまった女性が
開業医の男性と運命的な出会いを果たす。
相手の男性は子持ちだったが、一生懸命子育てをしている姿に魅力を感じ、
更には子供にも懐かれ2人は結婚することに。
人生のどん底から一転し幸せを手にした彼女だったが、
その先には予測不能の展開が待っていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしは映画のジャンルでいうと人間ホラーが好きなのですが、
「哀愁しんでれら」も、そのようなジャンルの作品で
やっぱり人間の思考って人それぞれで興味深くて面白かったです。
そして、子役の子の演技が絶妙すぎてよかったです。。

最近は映画だけじゃなくCDなんかもサブスクで聴いたりできる時代ですが、
実際にお店に足を運ぶからこその楽しさってあるなあと思いました。

またふらっと立ち寄ってみようと思います。
皆さんもたまにはレンタルショップに足を運んでみてはいかがでしょうか!

お問い合わせ

CONTACT

電話アイコン
TOKYO
03-5288-5972
電話アイコン
OSAKA
06-6356-1800